自衛官の結婚事情
国家公務員である自衛官は、安定した職業であり、
自衛官との結婚を希望して出会いを求める女性は大勢います。

自衛官は理想的な結婚相手

自衛隊員は国と国民を守ることを使命としており、とても重要で誇りの持てるお仕事をされています。日々厳しい規律の下で勤務する自衛隊員は、礼儀正しく、マナーをわきまえた常識のある人が多いと言われています。

また前述のように自衛官は特別職の国家公務員ですから、年収が安定しており、一般企業の会社員のように景気の変動や会社の業績低迷などでリストラされる心配はありません。福利厚生や社会保障も充実しており、家賃の安価な公務員住宅も整備されていて、一般企業よりも手厚い住宅手当も支給されます。

それと日々激務であり、時には自分の身を危険に晒して任務を遂行する使命をお持ちの自衛官男性は、心の安らぎ・癒しの場として、あるいは精神的な支えとして、妻・子供など自分の家族を大事にする方が多いと言われています。


自衛官と結婚したい女性の心構え
以下に何点か、自衛官と結婚する上でのデメリット要素も挙げておきます。

▼転勤が多い

幹部自衛官では2~3年ごと、「曹」階級では5~10年ごとに予期しないタイミングで転勤が決まるケースが多いようです。

自衛官の妻は見知らぬ土地での生活に寂しい思いをするかも知れませんが、幸い自衛隊員には大規模な公務員住宅が用意されており、そこには同じ自衛官の奥さんがたくさん生活していますので、いろいろ悩みごとなど相談に乗ってもらったり、心強いサポートをしてもらえることと思います。

▼大幅な年収アップは期待できない

年収は安定している反面、一般企業の会社員のように業績に応じて給料は大幅にアップすることは期待できません。安価な公務員住宅が利用できるので、なるべく高額な住宅費を抑制する工夫も要るでしょう。

▼妻一人で家庭を守る

自衛隊員には当直もあり、早朝に出勤して深夜に帰宅することも多く、また訓練での長期不在や自然災害時の人命救助、捜索活動など任務を最優先することになります。

それで、自衛官の夫は、家庭を留守にすることが多くなりますが、妻が外にお勤めに出たりして家庭にいないと、もし子供が学校で怪我をしたり、熱を出したりした時、すぐに対応できません。妻が外で仕事するにしても、いつ夫が転勤になるかわからず、自分のキャリア形成が中途半端なところで終わってしまうのが確実なようなら、単身赴任の場合は別として、いっそう専業主婦を選択しようという女性が多いようです。

夫が心置きなく仕事に専念できるため、夫からの希望もあって、妻は専業主婦として家庭を守るケースが大多数のようです。

▼夫の心の支えになってあげる

自衛隊員は、自然災害時には自分の身を危険に晒して、人命救助や土砂崩れの復旧作業などに当たります。家族と離れて任務を遂行しなければならない夫の心をサポートしてあげるのも自衛官の妻の大事な務めだと言えるでしょう。

▼昇級試験のサポートをしてあげる

自衛隊員は、昇級試験に合格して「曹」階級以上に昇進しないと、自衛官の仕事を一生継続することはできません。この昇級試験はなかなか厳しいもののようで、家族の理解とサポートが必要なようです。

▼夫の階級について世間体を気にしない

自衛官の夫が若い間は、さほどでもなく、子供が生まれるまでは妻はパートなど働きに出ることもできるみたいです。ただ、夫がそこそこ偉い階級に昇進していたら、妻が外にお勤めに出れば、夫のプライドを傷つけるんじゃないかと心配したりすることもあるかも知れません。

▼子供の転校がある

夫の転勤が多いことに伴って、子供の転校があります。幹部自衛官の場合ですと、子供が小学校の間に少なくとも1~2回は転校を経験することになります。

子供の転校がかわいそうだからと言って単身赴任を選択する家族は少ないようで、夫の転勤に合わせて家族がついて行くケースが大多数みたいです。

▼危険な地域に派遣される

有事の際には、自らの身の危険を顧みず真っ先に出動するのが自衛隊員です。また近年は危険な紛争地域での自衛隊の活動が問題になっていますが、こうしたことは自衛官の家族にとっては不安な要素ではあります。

万一の場合の心の備えなども必要でしょう。

▼結婚前の身辺調査がある

自衛官との結婚の前には、身辺調査として簡単な自己申告による書類提出があります。これは妻の側の家族の勤務先、経歴などを記載して提出します。ただ、これが原因で自衛官と結婚できない事態になる心配はないようですが、親戚に反社会勢力の人がいたりしたら、夫は出世コースから外れてしまう可能性もあるようです。

また、自衛官が外国籍の女性と結婚する場合は、国家の機密情報を扱う職務には就けない可能性があるみたいです。

結婚相談所ウェディングチャペルのシステム
地方自治体との婚活支援も積極的に行っています。サポート地域は、北は北海道から南は沖縄まで全国対応をしており、キリスト教や仏教など宗教事情にも詳しいプロの結婚カウンセラーによる全国への出張カウンセリングを実施しております。

▼JBAのしくみ(JBAとBIUのデータを共有)


  • 加盟結婚相談所(提携含む) 約2,000社
  • 総登録会員数(提携含む) 約45,000名
  • JBAグループ及び提携協会の毎月新規登録 約1,500名

▼婚活パーティー・セミナー

定期的に、お見合いパーティー・会員向けセミナーを開催しています。

▼プロフィール交換会

2カ月に一度、加盟相談所が集まり関西・東海・関東でプロフィール交換会を開催しています。

▼個人情報に関して


料金プラン
スタンダード1年コース(無料の8日間のお試し体験も可能!)


契約更新は1年ごとの自動更新 (更新後は月会費のみ必要)
休会は病気や怪我、失業その他、活動休止が止むを得ない場合にのみ可能

下記の各項目につきましては、お客様の実費負担となります。

  • JBA主催あるいはBIU主催の婚活パーティーやイベントへの参加費用
  • お見合いや交際に要する交通費、飲食代、娯楽費、通信費等
  • ご入会手続き時の書類返送に要する送料
  • サービス料金のお振込み手数料
  • 出張カウンセリングでの電車・バス代などのカウンセラーの移動交通費

お支払い方法

入会時のお支払い・成婚料のお支払いは銀行振込または現金、2カ月目以降の月会費のお支払い方法は自動引落(口座振替)
お振込み手数料はお客様の実費負担となります。
月会費は2018年7月1日~2019年6月30日の分になります。

〈銀行振込口座〉
京都銀行 金閣寺支店
普通預金 口座番号558697
口座名義 アサノ タカオ